Kyoto University Environment Preservation Research Center

沿革

昭和47年4月

廃棄物処理等委員会発足

昭和49年4月

有機廃液処理装置設置委員会発足

昭和49年12月

有機廃液処理装置(KYS)完成

有機廃液処理装置管理委員会発足

昭和50年2月

有機廃液処理装置の運営が工学部に付託される

昭和50年10月

有機廃液処理装置の本格運転に入る

昭和52年4月

環境保全センター設立

有機廃液処理装置が同センターに移管

有機廃液処理装置管理委員会廃止

廃棄物処理等専門委員会は環境保全委員会に改組される

仮事務室を旧工学研究所に設置

昭和55年3月

無機廃液処理装置(KMS)完成

環境保全センター庁舎完成

昭和57年1月

有機廃液処理装置焼却炉改修

昭和58年1月

有機廃液処理総理冷却塔、スクラバー改修

昭和60年2月

有機廃液処理装置排気筒、制御盤改修

平成6年10月

有機廃液処理装置改修

平成13年3月

有機廃液処理装置焼却炉、触媒塔、バグフィルター改修

平成15年3月

無機廃液処理装置制御盤、ボイラユニット改修

平成17年4月

京都大学環境安全保健機構発足

平成22年3月

無機廃液処理装置シアン分解装置、排ガス洗浄塔改修

平成23年4月

改組
環境安全保健機構環境管理部門(業務部門)および
環境安全保健機構附属環境科学センター(研究部門)へ。

各種照会・提出先(事務室)
 電話:075-753-7700(代表)
 FAX:075-753-7710(代表)

有機廃液処理担当
 電話:075-753-7707

無機廃液処理担当
 電話:075-753-7705

不用薬品等担当
 電話:075-753-7701

講習会担当
 電話:075-753-7701