Kyoto University Environment Preservation Research Center

廃液容器のマーキング方法例

環境科学センターが行っている有機廃液外部委託処理代行の場合の例を紹介します。

    1. 廃液容器番号(「部局を表す記号」-「地区を表す記号+内線番号」-「研究室内の通し番号(2桁)」)を必ず記入します。
    2. 色分けで、廃液の種類を明示します。
    3. 有害廃油(HO)および有害廃希薄水溶液(HAQ)については、有害物質名を記入した荷札をつけ明示します。

 

安全上の観点から、廃液容器には10 L以上の廃液を入れないようにして下さい。

廃液容器のマーキング例

bunrui.gif

各種照会・提出先(事務室)
 電話:075-753-7700(代表)
 FAX:075-753-7710(代表)

有機廃液処理担当
 電話:075-753-7707

無機廃液処理担当
 電話:075-753-7705

不用薬品等担当
 電話:075-753-7701

講習会担当
 電話:075-753-7701