Kyoto University Environment Preservation Research Center

実験廃液の処理対象基準

環境科学センターでは、教育研究活動に伴い発生する実験廃液のうち、無機廃液の処理を行っています。

1.センターの無機廃液処理装置を利用することのできるものは、京都大学実験廃液・廃棄物の管理及び処理等の実施に関する要項の、別表第2に定める処理対象基準に適合する種類のものであること。

2.シアン化合物は、次亜塩素酸ナトリウム又はさらし粉を加えて酸化分解した後、流しに廃棄すること(シアン錯化合物で酸化分解が困難なものに対しては、センターの紫外線オゾン酸化装置を利用することができる。)

3.ベリリウム、セレン、タリウム及びオスミウムの化合物を含まないこと。

上記の基準を満たす無機廃液以外の実験廃液は、外部委託処理をすることとなります。

    各種照会・提出先(事務室)
     電話:075-753-7700(代表)
     FAX:075-753-7710(代表)

    有機廃液処理担当
     電話:075-753-7707

    無機廃液処理担当
     電話:075-753-7705

    不用薬品等担当
     電話:075-753-7701

    講習会担当
     電話:075-753-7701