Kyoto University Environment Preservation Research Center

循環型社会形成に向けた温室効果ガス排出勘定とライフサイクル分析(2021年度)

 循環型社会の形成は、脱炭素社会の構築と協調して進めていくことが重要です。廃棄物・重循環分野における温室効果ガス排出インベントリの精緻化に向けて、各種廃棄物の排出係数を推定するとともに、種々の循環施策による温室効果ガスの排出削減効果をライフサイク分析の手法を用いて評価しています。

 本年度は、地域で発生する廃食用油を原料とした生分解性プラスチックや食品廃棄物等の廃棄物系バイオマスを利活用した地域資源循環システムについて検討し、ライフサイクルアセスメント(LCA)を用いて環境負荷削減効果を定量化します。