Kyoto University Environment Preservation Research Center

酒井研とは

廃棄物から社会を視ることは、循環型社会形成への知見を与えてくれます。廃棄物の適正管理技術や化学物質動態との関連を持たせながら、主に物質循環のシステム解析から循環型社会形成モデルに関する研究を行っています。京都大学の環境管理を担当していることから、教育研究の環境保全と安全管理に関する検討も行います。

環境保全工学分野では、環境科学センターの教員が主に担当しますが、当センターは、京都大学の教育研究活動に伴い発生する廃棄物を適正に処理するとともに、環境保全に関する教育、研究をおこなうことを目的としています。