Kyoto University Environment Preservation Research Center

研究テーマ

博士論文

  • Heping Liu: Substance flow analysis of brominated flame retardants in vehicles
  • 髙橋 一彰: ライフサイクル的観点からみた電気機器の化学物質管理
  • 吉田 卓弥: 家電リサイクルプラントの特性解析・評価手法の研究

修士論文

  • 土谷 悠真: ベイズ統計モデルを用いた木質材料中の接着剤の動的物質フロー解析
  • 富田 悠貴: レジ袋をはじめとするプラスチック廃棄物の細組成調査と樹脂別フロー推定
  • 高橋 宏義: 小売業で発生する食品ロスの廃棄実態調査と温室効果ガス及び経済的影響に関する研究

卒業論文

  • 浅井 優太朗: 京都大学における電力可視化システムを含む温室効果ガス削減シナリオに関する考察
  • 木原 将吾: ポリ塩化ビフェニルの分解処理による環境負荷削減効果の評価と曝露量推定の試み
  • 長野 高明: 短鎖塩素化パラフィンの同族体別国内排出量および環境中濃度推定
  • 廣田 和暉: PETボトルの排出動態と再資源化による温室効果ガス削減効果の推定
  • 御神本 巧: 京都大学のPRTR制度に係る化学物質の使用実態調査

博士論文

  • Poudel Raju:Characterization and Management of Disaster Waste: Case of Gorkha Earthquake Nepal
  • Guochang Xu:Substance flow analysis of rare earth elements and precious metals from end-of-life vehicles including next-generation vehicles
  • Myo Min Win:Thermochemical conversion characteristics of gas and tar generation from waste biomass and plastics

修士論文

  • 大山 晟弥: 紙くずおよびプラスチックごみ中の非バイオマス由来炭素量の推計とその不確実性の評価
  • 小柴絢一郎: ポリ塩化ビフェニルの排出に関するシナリオ解析及びポリ塩化ナフタレンの排出量推定

卒業論文

  • 坂口 僚: リサイクル工程を考慮した短鎖塩素化パラフィンのフローモデルの検討
  • 竹内 直輝: 木材用接着剤の物質フローモデル推定
  • 田中 理久人: バイオマス由来生分解性プラスチックを含む資源循環システムのライフサイクル分析
  • 辻 海: 京都大学の水銀使用製品の適正管理に向けた賦存量推定
  • 西村 健太郎: 製品系を含む家庭系プラスチック廃棄物の素材別フロー推定
  • 宮脇 崚: 総合スーパーの食品ロス廃棄実態と販売期限延長効果に関する考察

循環型社会形成に向けたライフサイクル分析に関する研究

持続可能な循環型社会をめざして、再生可能資源や廃棄物を利用する技術やシステムについて、エネルギーや温室効果ガスなどを指標としてライフサイクル分析を行っています。

循環型社会形成と化学物質コントロールに関する研究

資源循環と化学物質コントロールが両立する社会をめざすべき社会像として、研究を進めています。

 

1)物質循環のシステム解析

循環型社会におけるものの流れを把握し、あるべき流れを考えるためには、社会経済活動における素材や製品の生産・使用・廃棄の実態や、それらプロセスからの化学物質の環境への排出、自然環境における化学物質の挙動を把握することが必須です。私たちは、物質フローモデルや環境動態モデルを用いて、モノのライフサイクルの記述と環境負荷の試算と実測による検証を行っています。さらに、個別リサイクル制度や特定有害物質使用を控える制度などの政策シナリオの効果を予測することも重要な研究課題となります。ハロゲン化有機物質や重金属類など、さまざまな化学物質との関係を考えています。

2)循環型社会形成モデル研究

天然資源の消費抑制と環境負荷の低減を原則とした循環型社会の構築に向けては、ごみから訴える情報蓄積とともに、循環に向けた技術やシステムの社会応用を研究する取り組みが求められます。社会応用を図る際には、人や企業の行動が重要であり、市民へのアンケート調査による要因抽出や事業活動の費用推定をもとに、社会行動モデルを構築し、制度設計に活用しています。また、物質フローモデルをベースとした解析的見解を基礎として、社会実験へ展開し、その結果を技術や制度へフィードバックすること、その繰り返しによる漸進を意識した循環型社会形成モデル研究を行っています。

 

教育研究の環境保全と安全管理

教育研究環境での実験安全管理、環境指標やエネルギー・資源指標に関する基礎研究から、大学の環境マネジメントシステムや環境報告書へ応用を進める研究を行っています。