「災害廃棄物の燃焼試験に関する報告」について

 廃棄物資源循環学会災害廃棄物対策・復興タスクチームでは、岩手県からの依頼を受け、塩分を含む災害廃棄物処理に関する
検討を進めてきました。平成23年8月2日に
「災害廃棄物の燃焼試験に関する報告書」
を 岩手県に報告、同時にその広報発表資料として「災害廃棄物の燃焼試験に
関する報告について」を発出しました。主たる目的は、1)燃焼分解処理対象の廃棄物 性状把握、2)災害廃棄物を混合燃焼
した際の塩素系化合物に関する環境保全性能の確認、3)災害廃棄物の処理に伴う放射性核種の挙動確認でした。とくに海
水浸漬木材を含む混合可燃ごみの適正処理性能を確認し、また放射能挙動も併せて確認しましたので、参考として頂きたく
ご案内します。